*

「慚愧に堪えない」「慚愧の念に堪えない」は「残念で仕方がない」という意味ではなかった!

「慚愧に堪えない(ざんきにたえない)」「慚愧の念に堪えない(ざんきのねんにたえない)」という言い回しは、政治家や著名な方が残念な気持ちや謝罪の意思を伝えるときによく使う言葉。「本当に申し訳なく思っている」「残念だと考えている」というニュアンスで意味を理解している人も多いかもしれませんが、今回はこの「慚愧(ざんき)」という言葉について紹介します。

「慚愧に堪えない」「慚愧の念に堪えない」は、単に「残念だ」という意味ではない

nakama

「慚愧に堪えない」「慚愧の念に堪えない」という言葉は役人言葉と揶揄されることも。「残念に思っております」という意味を小難しく遠回しに伝えているものだと考えられていますが、慚愧に堪えないとは「ただ残念だ」という意味だけではないことを知っておきましょう。

慚愧(ざんき)に堪えないとは、恥ずかしく思うという意味。
してしまったことを後悔しながら、それを恥じ入っている。

「慚愧に堪えない」とは、すでに終えた行為を後悔して恥ずかしく思うこと。恥ずかしく思うのですから、その行為自体に問題がある(原因がある)というニュアンスを含みます。

たとえば「私たちの大切な仲間を不慮の事故で失ってしまい、慚愧の念に堪えない」という表現にしてしまうと、仲間を失ったことの理由は自分に非があるという意味になってしまいます。行為に咎められる原因がなく、結果との因果関係がないのであれば、「私たちの大切な仲間を不慮の事故で失ってしまい、残念でならない」と書くべきでしょう。

「私たちの会社の人間がこのような事件を引き起こしてしまったことは、慚愧に堪えない」と書くとどうでしょうか。上述した通り、「慚愧に堪えない」には「恥ずかしく思う」という意味があります。この場合、事件を引き起こした本人はもちろんですが、管理監督するべき立場だった会社がそれを見抜けなかった点は恥ずかしいことだという意味合いを伝えることになり、使い方に問題のないことがわかります。

普段、私たちが日常で「慚愧に堪えない」という表現を使うことは滅多にないと思いますが、この表現は謝罪を伝える記者会見などでよく耳にします。そのとき、単に「残念に思う」の意味で使っているか「恥ずかしいことだと思っている」という意味で使っているか、意識して聞いてみると面白いかもしれません(悪趣味かもしれませんが^^;)

役人言葉の「遺憾に思う」「陳謝」の意味を復習しておこう

「慚愧に堪えない」と同じ役人言葉として「遺憾に思う」という表現が挙げられるのではないでしょうか。また、「陳謝と謝罪」の違いについても知っておくと記者会見などを見るときに意識が変わります。

「遺憾に思う」「遺憾の意」に謝罪の意味は含まれていない? | コトバノ

陳謝と謝罪の違いと使い分け ~泣いて謝るだけでは陳謝(ちんしゃ)とは言わない? | コトバノ

「遺憾に思う」「遺憾の意」という言葉も、わかっているようでわかっていない言葉。やはり記者会見などで使われているのをよく耳にします。自分たちが日常で使う言葉ではないかもしれませんが、遠回しな表現で問題の本質を有耶無耶にされていないかどうか、耳を傾けていたいですね。


▼関連の深いこちらの記事もどうぞ▼

関連記事

「一段落(いちだんらく)」の誤読に注意 ~「ひとだんらく」と読んでいませんか?

「作業が一段落したら休憩しよう」という風に使われる「一段落」。誤読されることの多い漢字なので、しっか

記事を読む

尻をまくるの読み方と誤用に注意! ~お尻を出して逃げ出すイメージがありますが!?

「尻をまくる」という言葉があります。「追い詰められて、彼はとうとう尻をまくって逃げ出した」という風に

記事を読む

「彼は涼しい顔をしている」という表現に注意 ~「涼しい顔」の誤用と正しい意味と

「皆が怒られていても、彼だけは涼しい顔をしている」「彼女はどれだけ罵倒されても涼しい顔だ」と、涼しい

記事を読む

貰った柿よりも、腕を伸ばして捥いだ柿の方が美味しい。

韓国の業者さんから、取引依頼のメールがやってきます。 最初のころはカタコトの日本語だけで構成さ

記事を読む

陳謝と謝罪の違いと使い分け ~泣いて謝るだけでは陳謝(ちんしゃ)とは言わない?

国会議員の国会での答弁や質問、記者会見が行われるたびに「遺憾に思う」「遺憾の意」に謝罪の意味は含まれ

記事を読む

「したり顔」「どや顔」の意味と誤用について ~したり顔=知ったかぶりではなかった本当の意味

「したり顔で彼は知識をひけらかしてばかりいる」というように「したり顔=知ったかぶり・よく知っている」

記事を読む

「敷居が高い」の本来の意味と誤用 ~レベルが高い、自分には合わないという意味ではない

雰囲気の良いお店などを見つけたとき「あのお店は敷居が高すぎて入るのを躊躇してしまう」という表現をする

記事を読む

ondo

利用頻度は高い?大きい? 頻度は高いのか大きいのか、低いのか小さいのか、正しい使い方と覚え方

あることが繰り返し行われたり、あらわれたりする度合いのことを「頻度(ひんど)」と言います。 今

記事を読む

「ご教授ください」と「ご教示ください」の意味の違いと使い分け ~何を教えてもらうのか

自分のことを話すよりも相手に質問をして話をしてもらった方が会話が弾むのは皆さんもご存じだろうと思いま

記事を読む

no image

毎日新聞・校閲グループさんのtwitter( @mainichi_kotoba )が勉強になりすぎる件

毎日新聞・校閲グループさんの呟き、いつも勉強になります。 【直したい表現】「体調を壊す」→○「

記事を読む

Google


▼よく読まれている記事▼


kokkaigijidou
更迭(こうてつ)、解任、辞任の意味の違いと使い分けについて ~クビにするのはどの言葉?

たとえば大臣が不祥事を起こしたりすると、「首相はA大臣を更迭(こうて

「老舗(しにせ)」という言葉の意味と由来を紹介します

代々続いているお店のことを「老舗(しにせ)」と言いますが、今回はこの

kaifuku
「回復」と「快復」の意味の違いと使い分け ~快復と書いてしまうと誤用になってしまうのか

この記事を書いている今、実は頸椎間板ヘルニアで苦しんでいて、リハビリに

bankokuki
「万端」と「万全」の意味の違いと使い分け、誤用について ~「準備万端」と「準備万全」、正しいのはどっち?

「旅の用意は全部できたよ、さぁ出発しよう!」 このように、あらゆ

tenteki
「お休みさせてください」「お電話します」の「お」は必要かどうか、誤用ではないか、敬語として適切かどうか考えてみよう

欠勤の連絡をするときなど、「お休みさせてください」「お休みさせていただ

→もっと見る

PAGE TOP ↑