*

ガラスの「十代」か「十台」か ~代と台の使い分け

公開日: : 最終更新日:2013/06/03 140文字で変わる表現力 , , ,

8人目の光GENJIを自称していたこともある@bataです。

1987年にヒットした光GENJIのガラスの十代。この曲を作詞作曲したのがCHAGE&ASKAのASKA(飛鳥涼)さんで、当時小学生だった自分は、まずローラースケートに憧れ、そして二人の楽曲へとハマっていったのでありました。壊れそうなものばかり集めてしまった遠い日の思い出。嗚呼懐かしい。

genji

代と台の使い分けについて

順位だとか、金額、年齢や時代について、「~だい」という書き方をしますよね。
今日はその簡単な区別、覚え方についてご紹介します。

「代」は年齢、年代について使う
「台」はそれ以外の数量の範囲を示すときに使う

冒頭でお伝えした、ガラスの十代という曲は青春をうたっています。その壊れやすく傷つきやすいのは十代という年齢・年代なので代を用いるのですね。それに対して、マラソン大会の順位は三十番台だったというように、30位~39位の範囲を示す数字の場合は台を用いることとされています。また、代は助数詞としても機能するので、地位を継いだ順序を示すときにも用いられます。第四代将軍、第十二代天皇などといった地位順の場合は代を使うことになります。

光GENJIが全盛だった時代を懐かしむ世代は、ガラスの十代を生きてきた

なんてまとめ方は、強引過ぎますでしょうか。

どうか呆れられてしまいませんように。
どうかさよならは間違いでありますように。

(オチが理解してもらえますように)


▼関連の深いこちらの記事もどうぞ▼

関連記事

暑中見舞いと残暑見舞いを送る時期 ~「お身体ご自愛ください」は使わない!

この記事をエントリーしている6月15日は、暑中見舞いの日なのだそうです。昭和25年に郵政省が暑中見舞

記事を読む

夕立は馬の背を分ける ~雹(ひょう)と霰(あられ)の違いについて

入道雲![/caption] 梅雨明けのニュースが届き始めると、いよいよ夏本番ですね。

記事を読む

「苦渋を味わう」「苦渋をなめる」「苦汁をなめる」「苦汁を味わう」の誤用と正しい使い方

「苦渋」も「苦汁」もどちらも「くじゅう」と読むため、会話で使う限りはその後に続くのが「味わう」でも「

記事を読む

「生きざま」という言葉を目上の人に使ってはいけない ~「生きざま」の誤用とその理由

「先輩の生きざまに感動しました」という表現をよく見かけます。この「生き様(生きざま)」という言葉は目

記事を読む

no image

自分を思えば、我慢できること。相手を想えば、我慢してはいけないこと。

昨日はブロック会にお集まりいただいて、ありがとうございました。 万人に受け入れられる方法って、ない

記事を読む

「ご賞味ください」は使ってはいけない言葉 ~「お召し上がりください」の意味と使い分け

飲食店や土産屋さんで「どうぞご賞味ください」と言いながらお客様に商品や試食品を提供している場面を見か

記事を読む

「課金する」「寄付する」「募金する」という言葉の意味と誤用に注意!

iPhoneやスマホのアプリで、いわゆる「アプリ内課金」というシステムが一般化しつつあります。より便

記事を読む

no image

「余計なお世話じゃ!」を意識して作る会話の台本。

「今なら1000円引きでお得ですよー、良かったらいかがですか?」 これってつまり、売り手の論理

記事を読む

「打ち合わせ」とは雅楽に由来する言葉だった!

太鼓[/caption] 打ち合わせとは、物事がうまく進むよう事前に相談をすることですが、実

記事を読む

「悪巧み」と「悪企み」、わかっていても使いたくなる誤用の例

学校の思い出![/caption] 教室に入ってくる先生、落ちてくる黒板消し。 これ、

記事を読む

Google


▼よく読まれている記事▼


kokkaigijidou
更迭(こうてつ)、解任、辞任の意味の違いと使い分けについて ~クビにするのはどの言葉?

たとえば大臣が不祥事を起こしたりすると、「首相はA大臣を更迭(こうて

「老舗(しにせ)」という言葉の意味と由来を紹介します

代々続いているお店のことを「老舗(しにせ)」と言いますが、今回はこの

kaifuku
「回復」と「快復」の意味の違いと使い分け ~快復と書いてしまうと誤用になってしまうのか

この記事を書いている今、実は頸椎間板ヘルニアで苦しんでいて、リハビリに

bankokuki
「万端」と「万全」の意味の違いと使い分け、誤用について ~「準備万端」と「準備万全」、正しいのはどっち?

「旅の用意は全部できたよ、さぁ出発しよう!」 このように、あらゆ

tenteki
「お休みさせてください」「お電話します」の「お」は必要かどうか、誤用ではないか、敬語として適切かどうか考えてみよう

欠勤の連絡をするときなど、「お休みさせてください」「お休みさせていただ

→もっと見る

PAGE TOP ↑