*

「ご清栄」と「ご盛栄」の違いと使い分け ~申し上げるのは「お喜び」か「お慶び」か

公開日: : 最終更新日:2014/04/11 140文字で変わる表現力 , , ,

手紙文の書き出しで用いられる「ご清栄」と「ご盛栄」。

「拝啓 陽春の候、貴社におかれましてはますますご盛栄のこととお喜び申し上げます」と使いますが、この「ご清栄」と「ご盛栄」にはどのような違いがあるのでしょうか。その区別について整理してみましょう。

「ご清栄」と「ご盛栄」の区別、使い分けについて

oiwai

「清栄」と「盛栄」、どちらも「せいえい」と読み、手紙文で用いられます。実際に使われることが多いのは「清栄」の方ですが、その区別は「せいえい」を構成している漢字を見れば使い分けることが出来るようになります。

「清栄」とは、健康や繁栄を祝う言葉
「盛栄」とは、商売が盛んであることを祝う言葉
→商売繁盛の「盛」=盛栄の「盛」

「清栄」は相手の健康や繁栄を祝い、「盛栄」は相手の商売が盛んであることを祝う意味。区別として、「盛栄」の字の中には「商売繁盛」の「盛」があると覚えるようにしておけば、もう片方の「清栄」は健康を祝うものであると導き出すことができるのではないでしょうか。

「清栄」は誰に送るときにでも使うことができますが、「盛栄」は相手が商売をされているときだけ使うことができます。商売をされていて、相手方の業績が好調であることがわかっているときは「盛栄」を使っても問題はないでしょう。

ただし。

商売にも色々な種類があります。たとえば手紙を送る相手が病院や葬儀会社など生老病死に寄り添うものであった場合、盛栄という言葉を使ってしまうと別の意味でとられてしまう可能性もあります。また、手紙を送るこちが側の知らないところで、商売がうまくいっていない可能性もありますね。そういう意味で「清栄」という言葉を使っておいた方が無難であるという考え方はできるのではないかと思います。

「お喜び」と「お慶び」の違いについて

「ご清栄のこととお喜び申し上げます」と書くときに「お喜び」と書くべきか「お慶び」と書くべきか。

常用漢字になっているのは「喜ぶ」の字なので、「お喜びを申し上げます」と書くことが正しいということになります。ただ、慶事では「慶ぶ」という字を使う習慣が広まっていますし、一般的にはより強く祝う気持ちを表現するときに「慶」を使うようになってきています。

常用漢字を用いることとされている公文書など特別の制限がない限り、私信で、気持ちを込めて伝えたいときは「お慶び申し上げます」と表現することは問題ないと考えて良いでしょう。


▼関連の深いこちらの記事もどうぞ▼

関連記事

bankokuki

「万端」と「万全」の意味の違いと使い分け、誤用について ~「準備万端」と「準備万全」、正しいのはどっち?

「旅の用意は全部できたよ、さぁ出発しよう!」 このように、あらゆるものの準備が整った状態のこと

記事を読む

no image

スーパーで見つけてほしい、「2,3の法則」。

スーパーでラップに包まれて売っている魚。 よーく見てみると、「2匹」でパックされているものと「

記事を読む

「うだる」ような暑さとは? ~蝉の鳴く温度と松尾芭蕉の句と

蝉![/caption] 涼しくなれば蝉が鳴かないのは想像がつきますが、猛暑日のような35℃

記事を読む

なぜ「情けは人のためならず」は正しく使われるようになった? ~反対の意味になる諺は何?

「情けは人のためならず」の正しい意味はひとに対して情けをかけていけば、まわりまわって、自分に戻ってく

記事を読む

「欲張りメニュー」という言葉の使い方に注意! ~「欲張り」と「貪欲」の違い

レストランのメニューを眺めていてもなかなか決めることが出来ない優柔不断な自分にとって、「欲張りコース

記事を読む

iPhoneの無料アプリ「正しい日本語!できる大人の美しい言い回し!」が読み物として面白い

「万能な褒め言葉」「話を具体的にさせる切り返し」「うっかり聞いたことを忘れた!」など、様々な場面や対

記事を読む

暑中見舞いや年賀状に句読点があってはならない理由と、一文字下げをしてはならない理由について

賞状や証書の類を見ていると、その文面に句読点のないことに気がつきます。また、段落の最初が一文字空いて

記事を読む

挨拶は上品に

「高い席から失礼かと存じますが」「僭越ながら」と言ってはいけない理由 ~挨拶やスピーチで注意すること

挨拶は上品に[/caption] 壇上、スピーチなどを頼まれた人がよく「高い席から失礼します

記事を読む

年賀状に「去年」という言葉を使ってはいけない理由 ~年賀状のタブーに注意

年賀状には句読点を用いてはならないという記事を以前書きましたが、今回は「去年」という言葉を使ってはい

記事を読む

夕立は馬の背を分ける ~雹(ひょう)と霰(あられ)の違いについて

入道雲![/caption] 梅雨明けのニュースが届き始めると、いよいよ夏本番ですね。

記事を読む

Google


▼よく読まれている記事▼


「老舗(しにせ)」という言葉の意味と由来を紹介します

代々続いているお店のことを「老舗(しにせ)」と言いますが、今回はこの

kaifuku
「回復」と「快復」の意味の違いと使い分け ~快復と書いてしまうと誤用になってしまうのか

この記事を書いている今、実は頸椎間板ヘルニアで苦しんでいて、リハビリに

bankokuki
「万端」と「万全」の意味の違いと使い分け、誤用について ~「準備万端」と「準備万全」、正しいのはどっち?

「旅の用意は全部できたよ、さぁ出発しよう!」 このように、あらゆ

tenteki
「お休みさせてください」「お電話します」の「お」は必要かどうか、誤用ではないか、敬語として適切かどうか考えてみよう

欠勤の連絡をするときなど、「お休みさせてください」「お休みさせていただ

suiren
「往生」という言葉の使い方には注意が必要! ~「往生」と「他界」の意味の違いと誤用、使い分けを知っておこう

以前「ご冥福をお祈りします」という言葉は安易に使ってはいけないという記

→もっと見る

  • 西端 康孝 / コピーライター・歌人・川柳家

    コトバノを運営している神戸のコピーライター西端です。川柳や短歌で日常を綴る短歌と川柳とマカロニとというブログや徒然に毎日を表現する川柳をこよなく愛する明石のタコというブログもやっていますので、良かったら遊びにきてください。書いたり取材したり講演の仕事も承っています。
PAGE TOP ↑