*

「存じ上げております」と「存じております」という言葉の使い分けについて ~「ご存じ」の色々

「存ずる」という言葉は「思う、考える」「知る、承知する」意の謙譲語。「こちらの服の方がお似合いかと存じます」「よく存じております」という使い方をします。

では問題。「明石という土地の地名の由来をご存じでしょうか?」と相手から問われて「はい、存じ上げております」と回答するのは正しいでしょうか、間違っているでしょうか・

「存じ上げる」と「存じる」の使い分け ~「上げる」という言葉の使い方

akashi

「存じ上げる」という言葉は対象が「ひと」であるときに用いるので、「もの」に対して用いるには違和感があります。「○○さんのことは存じ上げております」という表現と「○○のことは存じております」という表現の違いを理解しておきましょう。

「存じ上げる」は対象が「ひと」のときに用いる表現、「存じる」は「ひと」にも「もの」にも用いる表現

「上げる」という言葉は謙譲の意を表す動詞について、その謙譲の意味を強めます。上でも書いた通り「存ずる」という言葉は謙譲の意味を表す動詞。「存じ上げる」という言葉は文法上は問題ありませんが、自分が一歩さがって対象を高める表現が謙譲語であるのに、対象となる「もの」にまで敬意を向けるのはあまりにもへりくだり過ぎてしまうことになります。過剰な敬意は嫌味になってしまうということについては解説の必要はないでしょう。

「存じ上げる」「申し上げる」という「謙譲語+上げる」の表現は「ひと」を敬うために用いる、その理由は「もの」にまで敬意を示すのは過剰であるからだ、と理解しておいてください。

(※ただし、相手の名前などは「そのひと」そのものと考えますので、「お名前は存じ上げております」と書いても問題ありません)

「ご存じですか?」という表現は誤りか

会話例として「ご存じですか?」という表現を書きました。

「存ずる」という言葉が謙譲語であるのなら、「ご存じですか?」と相手に対する尊敬語として用いるのはおかしいのではないのかという意見もあるのではないかと思います。このあたりは色々と争いもあるようですが、「ご存じ」という言葉を「存じ」の尊敬語であるとして一応の解決を見ています。現在の一般的な解釈としては「ご存じですか」という表現は誤りではないということです。

「ご存知」と書いてしまうのは誤りでしょうか

さて、今回の記事で話題にした「存じ上げております」「存じております」という表現は「存ずる」という言葉が変格したものでした。少し難しい言い方をすれば「存ずる」というサ行変格活用動詞の上一段化したものが「存じる」という言葉になります。

つまり、「存ずる」という言葉が変化しただけのものであって、「存ずる」という言葉に「知る」という意味が含まれていることから「ご存知」という書き方になった、元々「ご存知」と書いてしまうのは誤りであったということです。

ところがこの「存知」という書き方があまりにも一般的になってきたため、最近の辞書では「存知」と当てて書くと説明しているものがほとんどになっています。さらにややこしいことに「ご存じですか」という意味で書くときに当てる「存知」という表現とは別に「存知」という言葉が辞書には載っています。この「存知」は「ぞんじ」ではなく「ぞんち」と読むのが正解。意味は変わらず「知っていること、心得ていること」になります。古くは平家物語でもこの「存知(ぞんち)」という言葉は使われているんですね。

長くなりましたが「存ずる」という言葉は使い方に注意の必要な言葉。へりくだり過ぎた表現にならないよう、今回もしっかり声に出して使い方をマスターしてください。


▼関連の深いこちらの記事もどうぞ▼

関連記事

no image

「失敗したらどうしよう」「自分なんてまだまだ」が口癖の人に贈る、ネガティブの変わる夜のお話。 #neowoman

この夏、とある一人の女性を取材させていただきました。 彼女の名前は中西智子。 英語発音スクール

記事を読む

hikeme

「引け目」と「負い目」って同じ意味!? ~「引け目」と「負い目」の意味の違いと使い分け、誤用について

「引け目を感じる」「引け目を持つ」「負い目がある」と、一歩引いたようなニュアンスで用いる「引け目」「

記事を読む

「割愛する」には不要なものを省略するという意味はなかった ~「割愛」の誤用と正しい意味と

「時間の関係で、この部分の説明は割愛させていただきます」 プレゼンや会議などで、こんなフレーズ

記事を読む

聴いた風な? 利いた風な?  ~CHAGE and ASKAファンは特に勘違いしているかも

聴く![/caption] CHAGE and ASKAさんにLOVE SONGという曲があ

記事を読む

「敷居が高い」の本来の意味と誤用 ~レベルが高い、自分には合わないという意味ではない

雰囲気の良いお店などを見つけたとき「あのお店は敷居が高すぎて入るのを躊躇してしまう」という表現をする

記事を読む

自己啓発本ブームに殺されないために「使ってもいい」自分を許す言葉

「起こることには意味がある」 「すべてのことは自分に原因がある」 などなど。

記事を読む

「苦渋を味わう」「苦渋をなめる」「苦汁をなめる」「苦汁を味わう」の誤用と正しい使い方

「苦渋」も「苦汁」もどちらも「くじゅう」と読むため、会話で使う限りはその後に続くのが「味わう」でも「

記事を読む

事故や事件の災害に「周年」という言葉の使い方は誤りか ~「周年」と「年目」の使い分け

結婚5周年や開店10周年など、慶事に使われる印象の多い「周年」という言葉。「周年」を事故や事件の災害

記事を読む

「黄昏れる」の本来の意味とは ~夕陽の美しい島根県立美術館の閉館時間、ご存知でした?

夕暮れ時、海岸。物思いな顔をした友人に「何を黄昏れてるのー?」なんて話しかけたこともあるのではないで

記事を読む

「ご進言ありがとうございました」と使っていませんか? ~「進言」の誤用と意味に注意

「ご進言(しんげん)ありがとうございました」というフレーズを使ったり聞いたりしたことはないでしょうか

記事を読む

Google


▼よく読まれている記事▼


kokkaigijidou
更迭(こうてつ)、解任、辞任の意味の違いと使い分けについて ~クビにするのはどの言葉?

たとえば大臣が不祥事を起こしたりすると、「首相はA大臣を更迭(こうて

「老舗(しにせ)」という言葉の意味と由来を紹介します

代々続いているお店のことを「老舗(しにせ)」と言いますが、今回はこの

kaifuku
「回復」と「快復」の意味の違いと使い分け ~快復と書いてしまうと誤用になってしまうのか

この記事を書いている今、実は頸椎間板ヘルニアで苦しんでいて、リハビリに

bankokuki
「万端」と「万全」の意味の違いと使い分け、誤用について ~「準備万端」と「準備万全」、正しいのはどっち?

「旅の用意は全部できたよ、さぁ出発しよう!」 このように、あらゆ

tenteki
「お休みさせてください」「お電話します」の「お」は必要かどうか、誤用ではないか、敬語として適切かどうか考えてみよう

欠勤の連絡をするときなど、「お休みさせてください」「お休みさせていただ

→もっと見る

PAGE TOP ↑