*

「姑息」には「卑怯」という意味はなかった! ~姑息の誤用と正しい意味と

公開日: : 140文字で変わる表現力 , ,

「姑息な手段を使いやがって」という言い方を聞くと、卑怯な方法で解決に至ったことに憤っているような印象を受けますが「姑息」を「卑怯」という意味で考えるのは誤用です。姑息の正しい意味は何でしょうか。

「姑息」は誤用されることが多いが「卑怯」という意味はない

saifu

「姑息な人間だ」と人を罵るときに用いられることの多い「姑息」という言葉。「姑息」には「卑怯」や「ケチ」という意味はありません

「姑息」とは「その場しのぎ」「一時のまにあわせに物事をする」こと。

「姑息」とは「その場しのぎに何かをする」「一時のまにあわせに物事をする」という意味。たとえば大怪我をして出血の酷いとき、病院に到着するまでの間にガーゼや包帯で止血をすることがあります。これが「姑息な方法」の正しい使い方。根本的な解決にはならずとも、間に合わせに何かを行う仮の方法や手段のことを言います。会話では「とりあえず」という言葉で使われる感覚が「姑息」ですね。

また「小癪(こしゃく)」と音が似ていることもあって、小癪の意味である「生意気・こざかしい」と混同されることも多いようです。

「姑息」の由来と故事

「姑息」がどうして「とりあえず」「一時のまにあわせ」という意味になるのか。

「姑」にはしばらく「息」にはやむ・しずめるという意味があるので「しばらくその場をしずめる」というのが熟語としての成り立ちとなります。また、文化庁の言葉のQ&Aでは姑息の故事について説明を行っていますね。

 「姑息」は「礼記らいき」(檀だん弓ぐう上)の故事にある,孔子の門人,曽子の言葉に由来します。病床にあった曽子は,自分の寝台に,身分と合わない上等なすのこを敷いていました。お付きの童子にそのことを指摘された曽子は,息子の曽元にすのこを取り替えるよう命じます。曽元は,父の病状の重いことを考慮し,明朝,具合が良くなったらにしましょうと答えます。それに対し,曽子は,お前の愛は童子に及ばないと,次のように言いました。
 「君子の人を愛するや徳を以もってす。細人の人を愛するや姑息を以もってす。」(君子たる者は大義を損なわないように人を愛するが,度量の狭い者はその場をしのぐだけのやり方で人を愛するのだ。)
 その場にいた者たちは,曽子を抱え上げてすのこを取り替えますが,彼は間もなく亡くなってしまいました。曽子は,一時しのぎの配慮に従って生き長らえるよりは,正しいことをして死ぬ方がよいと考えたのです。

引用元:文化庁 | 文化庁月報 | 連載 「言葉のQ&A」

「君子の人を愛するや徳を以もってす。細人の人を愛するや姑息を以もってす。」とは、義理や道という正しい行いを生きて一時しのぎの配慮を拒絶した曽子の言葉。死に方とは即ち生き方、たとえそれで病気の身体に影響が出たとしても、曽子は正しく生きて死んでいきたいと思ったのでした。

文化庁が行った「国語に関する世論調査」でも7割以上の人が間違えていた「姑息」

文化庁が行った平成22年度の「国語に関する世論調査」でも7割以上の人が「姑息」を「ひきょうな」という意味であると回答しています。

文化庁 | 文化庁月報 | 連載 「言葉のQ&A」

ただし、リンク先にも書かれている通り「姑息」そのものには「卑怯」という意味はありませんが、根本的な解決を行おうとせずその場しのぎのやり方を繰り返していると、やはり「卑怯」な人間であるという評価をされてしまうことがあります。意味としての誤用は多いものの、文脈としては結局誤用が示す通りであることが多い「姑息」。時間やお金の制約があっての「姑息」であっても、できるだけ早く根本的な解決に向けて行動していくようでありたいですね。


▼関連の深いこちらの記事もどうぞ▼

関連記事

「潮時(しおどき)」という言葉の誤用に注意!正しい意味を知るのは、いまが潮時だ!

漁![/caption] 寄せられた期待に期待以上のものを返していくのがプロ。それが叶わなか

記事を読む

役不足と力不足の使い分け ~挨拶やスピーチのときによくある間違い

「役不足ではございますが、この大役、務めさせていただきます」 こんな言い回しをつい使ってしまう

記事を読む

百冊の教科書に書かれている正論よりも、「しんどかったね」のたった一言が心を溶かすこともある。

「言ってることは正しいと思うんだけど、なんか、疲れるんだよね」と評されてしまう人がいます。 ど

記事を読む

台風の当たり年なんて100%あり得ないその理由

台風の上陸って、北海道・本州・四国・九州の本土の場合のみを言うのだそうです。それ以外の島々については

記事を読む

「お日柄も良く」は雨でも使っていい言葉 ~お日柄の意味と六曜の意味・読み方

結婚式のスピーチの冒頭などで「お日柄もよく」という挨拶が使われることがあります。この「お日柄」とはど

記事を読む

「雨模様」の本来の意味と読み方は? ~走り梅雨、梅雨雲、送り梅雨という言葉の意味と

雨は様々な歌に詠まれ、季節や情景、ときには心情を伝えるときの比喩表現としても多く用いられてきました。

記事を読む

「悪巧み」と「悪企み」、わかっていても使いたくなる誤用の例

学校の思い出![/caption] 教室に入ってくる先生、落ちてくる黒板消し。 これ、

記事を読む

丼!

木の葉丼は関西独自のものだった! ~木っ端微塵と木っ葉微塵、正しいのはどっち?

丼![/caption] 親子丼の鶏をカマボコにしたもの、それが木の葉丼。これって関西の食文

記事を読む

hikeme

「引け目」と「負い目」って同じ意味!? ~「引け目」と「負い目」の意味の違いと使い分け、誤用について

「引け目を感じる」「引け目を持つ」「負い目がある」と、一歩引いたようなニュアンスで用いる「引け目」「

記事を読む

no image

スネ夫くんが好かれない本当の理由。

  他を蔑むことが差別化なのだとすれば。 こちらの記事のなかで他を蔑んでまで、自分

記事を読む

Google


▼よく読まれている記事▼


kokkaigijidou
更迭(こうてつ)、解任、辞任の意味の違いと使い分けについて ~クビにするのはどの言葉?

たとえば大臣が不祥事を起こしたりすると、「首相はA大臣を更迭(こうて

「老舗(しにせ)」という言葉の意味と由来を紹介します

代々続いているお店のことを「老舗(しにせ)」と言いますが、今回はこの

kaifuku
「回復」と「快復」の意味の違いと使い分け ~快復と書いてしまうと誤用になってしまうのか

この記事を書いている今、実は頸椎間板ヘルニアで苦しんでいて、リハビリに

bankokuki
「万端」と「万全」の意味の違いと使い分け、誤用について ~「準備万端」と「準備万全」、正しいのはどっち?

「旅の用意は全部できたよ、さぁ出発しよう!」 このように、あらゆ

tenteki
「お休みさせてください」「お電話します」の「お」は必要かどうか、誤用ではないか、敬語として適切かどうか考えてみよう

欠勤の連絡をするときなど、「お休みさせてください」「お休みさせていただ

→もっと見る

PAGE TOP ↑