*

「葬式、結婚式は恙なく(つつがなく)無事に終了しました」と書いてはいけない理由

誤用と呼ばれるような表現であっても、最近はその誤りが一般化してきていることもあって耳に入ってくる音だけでは気付かないケースも多くあります。逆に言うと、書面にした言葉はいつまでも残ることになり、恥をかいてしまうこともしばしば。スピーチなどで使われる言葉は、たとえ口頭の挨拶であってもその書面を相手に渡すケースもありますので特に気を付けたいところです。

「葬式や結婚式が恙なく(つつがなく)終了した」と書くと誤用になってしまう理由

angel

結婚式や葬式はスムースな進行が期待されるもの。「恙なく(つつがなく)進行して終了した」と書いても問題はないような気がしますが、何故誤用になってしまうのでしょうか。

恙なく(つつがなく)は、
「何ごともない」という意味。

ただし、
何かが起こっても不思議ではない状況で
何も起こらなかったときにだけ
使う

恙なく(つつがなく)は何かが起こっても不思議ではない状況で、幸いに何もなかった場合にのみ使える言葉。たとえば旅行、たとえば日常生活。そういった状況では、もしかすると事故に遭うかもしれず、事件に巻き込まれる可能性もあり得ます。つまり、何かが起こっても不思議ではない状況。こういうときに「恙なく旅程を終えた」「恙なく毎日を過ごしている」と書くことは問題ありません。

一方で、葬式や結婚式は、不測の事態が起こるという予想は基本的にはしません(してはいけません)。トラブルがなく、予め決められた進行に基づいて無事に終わることが見込まれるもの。何かがあっても不思議ではないという前提は成り立ちませんので、葬式や結婚式を表現するときに「恙なく(つつがなく)」という言葉は用いません

葬式や結婚式が無事に終わったことを使う言葉は

それでは葬式や結婚式が無事に(前提通りに)進行した場合はどんな風に表現するべきでしょうか。

葬式や結婚式が無事に進行した場合は
×恙なく(つつがなく)
○滞りなく(とどこおりなく)
を用いる

大きなトラブルがなく、無事に葬式や結婚式が進行した場合は「滞りなく(とどこおりなく)」という言葉を使います。式の終盤、締めの挨拶などで進行がスムースに行われた謝辞を伝える場合は、特に間違えることのないようにしておきたい言葉ですね。

結婚式で覚えておきたい表現力

挨拶、スピーチを求められることのある結婚式では、語源や誤用を知っておくとうっかりミスを減らしやすくなります。

「お日柄も良く」は雨でも使っていい言葉 ~お日柄の意味と六曜の意味・読み方 | コトバノ

「お日柄も良く」は外の天気に関わらず使える言葉でした。ただし、六曜に従うとすれば、使ってはいけない日があることも注意が必要です。

結婚式などの祝いの席で挨拶やスピーチ、司会で使ってはいけない忌み言葉一覧 | コトバノ

「再度大きな拍手をお願いします」「最後になりましたが」という言葉は、つい、挨拶のときに使ってしまいそうな言葉ですね。スピーチ用の原稿を忌み言葉一覧と照らし合わせて確認しておきたいところです。

末長く二人の幸せを祈ってはいけない理由 ~長いと永いの違い | コトバノ

「末長いお二人の幸せを記念しております」と書いてはいけない理由を解説しています。「長い」と「永い」の違い、注意してください。

「高い席から失礼かと存じますが」「僭越ながら」と言ってはいけない理由 ~挨拶やスピーチで注意すること | コトバノ

「僭越ながら」も、控えめな自分を伝えるようでいて、実はそういう意味として伝わることのない表現でした。

言葉を選ることは相手への思い遣り

細かい表現に意識を向けすぎて、形骸化した挨拶になってしまっても意味がありません。ただ、こういう言葉を使ってはいけないな、や、この言葉の由来はこういうことだったんだな、ということを知りながら相手への挨拶に言葉を選ることは、相手を想うからこその行為であるともいえます。

ほんの一手間、すこしの意識で、相手の心に響く文章になることをコトバノはお祈りしております。


▼関連の深いこちらの記事もどうぞ▼

関連記事

アンデスメロンの名前の由来 ~アンデス産ではなくダジャレだった

熱を出して苦しんでいた、子どもの頃のある日。 枕元にプラレールを並べて、甘いメロンを食べさせて

記事を読む

特長と特徴の違い、使い分けについて ~差別化のためにしてはいけないこと

「特徴」という漢字は書くのが面倒なので「特長」と書くようにしているという友人がいましたが、この特徴と

記事を読む

no image

金子哲雄さんの遺著「僕の死に方 エンディングダイアリー500日 」を読んで。

「トップに立って妬まれるより、5,6番手がいい」とは金子哲雄さんの言葉。ポジショニングを意識すれば、

記事を読む

「うがった見方」とは? ~「穿つ(うがつ)」の誤用と正しい意味と

「君はうがった見方ばかりをするね、素直じゃない」 「うがった」「穿つ(うがつ)」という言葉は、

記事を読む

no image

【気付きの法則】誰でも知っているようなことが、まだ見ぬお客様に届いた日。

JRの車内広告で、こんなものを見つけました。 制汗剤というと、夏のイメージ。 冬の売れ行きを

記事を読む

「弱冠18歳にして金メダルを受賞」という表現が間違いである理由 ~なぜ金メダルは純金ではないのか

折り紙の「金紙」「銀紙」は勿体なくて、それで何かを作ったという記憶がほとんどありません。好み

記事を読む

no image

主張のなかの「ありがとう」に、人の器を見た。

「自分はこんなにすごいんですよ、自分はこんなに頑張ったんですよ」 そんな風に伝えたくなるようなとき

記事を読む

「破天荒」の誤用と正しい意味と ~実は褒め言葉だった「破天荒」

破天荒という漢字のイメージから「めちゃくちゃ」「豪快」「型破りである」という否定的な意味合いで使われ

記事を読む

「雨模様」の本来の意味と読み方は? ~走り梅雨、梅雨雲、送り梅雨という言葉の意味と

雨は様々な歌に詠まれ、季節や情景、ときには心情を伝えるときの比喩表現としても多く用いられてきました。

記事を読む

95歳と97歳と102歳の場所取り合戦 ~タイトルに数字を入れる効果

本屋さんで、95歳と97歳、そして102歳が戦ってました。ユニークな並びですよね。 【

記事を読む

Google


▼よく読まれている記事▼


kokkaigijidou
更迭(こうてつ)、解任、辞任の意味の違いと使い分けについて ~クビにするのはどの言葉?

たとえば大臣が不祥事を起こしたりすると、「首相はA大臣を更迭(こうて

「老舗(しにせ)」という言葉の意味と由来を紹介します

代々続いているお店のことを「老舗(しにせ)」と言いますが、今回はこの

kaifuku
「回復」と「快復」の意味の違いと使い分け ~快復と書いてしまうと誤用になってしまうのか

この記事を書いている今、実は頸椎間板ヘルニアで苦しんでいて、リハビリに

bankokuki
「万端」と「万全」の意味の違いと使い分け、誤用について ~「準備万端」と「準備万全」、正しいのはどっち?

「旅の用意は全部できたよ、さぁ出発しよう!」 このように、あらゆ

tenteki
「お休みさせてください」「お電話します」の「お」は必要かどうか、誤用ではないか、敬語として適切かどうか考えてみよう

欠勤の連絡をするときなど、「お休みさせてください」「お休みさせていただ

→もっと見る

PAGE TOP ↑