*

「了解しました」は失礼だから「承知しました」という表現を使うのがビジネスマナーだと習いました。本当ですか?

ビジネスマナーの教室や本では「了解しました」という言葉は、上司や先輩など、目上の人に使ってはいけないということがよく書かれています。「了解しました」という表現を目上の人に使うのはどうして失礼になってしまうのでしょうか?

「了解しました」という表現は本当に失礼な表現なのでしょうか?

manners

「了解しました」という表現。実はこれ、目上の方に使っても失礼な表現ではありません。

「了解しました」という表現だけを見た場合、
目上の方に使っても失礼ということにはならない

了解しましたはビジネスマナーとしてはNGであると習うことが多いのですが、日本語の意味としては目上の方に使っても失礼にはあたりません。「了解」という言葉には尊敬の意味が含まれておらず、「承知」という言葉には謙譲の意味が含まれている。だから、目上の方には了解ではなく「承知しました」という表現を使いましょうというのが一応の理屈となっているようですが、小学館の精選版日本国語大辞典などにあたっても、承知が謙譲語であるということは書かれていません。

日本国語大辞典によると、「承知」は「目上の人の命令などをうけたまわること」「相手の願い、要求などを聞き入れること」と書かれています。それに対して「了解」は「はっきりとよくわかること、よく理解すること」と書かれています。

なるほど、ニュアンスとして、承知は「おっしゃっていることはよくわかりました、聞き入れて実行します」、了解は「言っていることを理解するのはしました(実行するかどうかはここからのお話です)」という違いがあるということは分かります。上の方から言われたことだから、断りづらく受け入れざるを得ない。だから「承知する」という言葉は上の人に向けられたものであるということは、理解できるでしょう。では逆に「了解する」という言葉を目上の人に使ったとして、このニュアンスだと失礼だという理由になるでしょうか? 答えは「否」です。「了解する」は目上の人に使っても失礼な意味にはなりません

何故「了解する」という言葉が失礼な表現であるという風潮になってしまったのか

では何故、「了解する」という言葉を目上の人に使うと失礼な意味であるという風潮になってしまったのでしょうか? ひとつには「了解」という言葉の語感が理由に挙げられるのではないかと思います。

上で説明した通り、「承知する」という言葉はそもそも目上の人に対して使われるのに対して「了解する」という言葉は相手が上でも下でも使うことができます。そのため、友人同士の気安さなどで

「明日あれ、貸してくれない?」
「了解、持っていくよー」

と、軽い言葉として使われることがよくあります。友人同士で使うような言葉なのに、それを上下関係をはっきりさせなければならないような場面で使うのはいかがなものか。上と下の関係がはっきりした「承知」という言葉を使った方が誤解や違和感も少ないだろうという気持ちで修正し始めたのものが、いつのまにか「了解は目上の人に使ってはならない」というマナーとして定着してしまったのだと思われます。

確かに、上司や先輩に対して「了解」という一言だけを伝えるのは軽すぎる印象を与えてしまうかもしれません。ですから「了解しました」と、ですます調の語尾を添えて伝えれば、語感としても意味としても、何ら失礼ではないというのが実際のところです。

それでもやっぱり「了解しました」は目上の人に使わない方がいい理由

さて、ここまで「了解しました」という言葉は目上の人に使っても問題ないという話をお伝えしてきました。

それでも、やっぱり、コミュニケーションは相手に対する思いやりと想像力に満ちていてほしいもの。「了解しましたは目上の人に使ってはならない」というマナーが多くの方に定着した今となっては、その誤りを指摘することよりも、本来の意味を頭では思い浮かべながら、素直に「承知いたしました」という言葉を伝えた方が無難な会話になるというものです。

「そういうものだ」と理解している人が多い現状に、知っている側がどう、柔軟に対応するべきか。考えるきっかけにしていただければ幸いです。


▼関連の深いこちらの記事もどうぞ▼

関連記事

イケダハヤト氏の「武器としての書く技術 30万人に届けて月50万円稼ぐ!新しいマル秘文章術」を読んだ感想!

武器として書く技術(イケダハヤト著)[/caption] イケダハヤト氏の武器としての書く技

記事を読む

「海千山千(うみせんやません)」という言葉の意味と誤用に注意! ~褒めるつもりで使うと?

海千山千(うみせんやません)という言葉があります。「社長は海千山千でいらっしゃいますから、さすがです

記事を読む

一歩引くは、百人の味方を連れてくる ~中日井端選手に学ぶ上下関係

起業してまもなく、色々な交流会や勉強会に参加するようになります。 それは社会人になって

記事を読む

「失笑」と「爆笑」の笑い方の違いについて ~誤用の多い失笑と爆笑の正しい意味は

「笑いを失う」と書くため「失笑」の意味を「笑いも出ないくらいに呆れる」「あざ笑う」と考えてしまうこと

記事を読む

「彼は涼しい顔をしている」という表現に注意 ~「涼しい顔」の誤用と正しい意味と

「皆が怒られていても、彼だけは涼しい顔をしている」「彼女はどれだけ罵倒されても涼しい顔だ」と、涼しい

記事を読む

末長く二人の幸せを祈ってはいけない理由 ~長いと永いの違い

結婚式でピアノの演奏を頼まれたことがあります。 ピアノ演奏[/caption] 演奏直

記事を読む

「雨模様」の本来の意味と読み方は? ~走り梅雨、梅雨雲、送り梅雨という言葉の意味と

雨は様々な歌に詠まれ、季節や情景、ときには心情を伝えるときの比喩表現としても多く用いられてきました。

記事を読む

「押っ取り刀(おっとりがたな)で駆けつける」の誤用と正しい意味と ~おっとりしてません!

「押っ取り刀(おっとりがたな)で駆けつける」という表現を「ゆっくり落ち着いて行く」という意味で考えて

記事を読む

謹賀新年の意味 ~「賀正」「迎春」の漢字一文字や二文字の年賀状は目上の人に使ってはいけない

印刷した年賀状を送る代わりにメールで新年の挨拶を済ませる方も増えてきました。 手段は変

記事を読む

丸いと円いの違いについて ~お雑煮のなかが丸い理由と三本締めの意味と

丸いと円いの違いについて。 丸いは立体的なもの 円いは平面的なもの たとえば、

記事を読む

Google


▼よく読まれている記事▼


kokkaigijidou
更迭(こうてつ)、解任、辞任の意味の違いと使い分けについて ~クビにするのはどの言葉?

たとえば大臣が不祥事を起こしたりすると、「首相はA大臣を更迭(こうて

「老舗(しにせ)」という言葉の意味と由来を紹介します

代々続いているお店のことを「老舗(しにせ)」と言いますが、今回はこの

kaifuku
「回復」と「快復」の意味の違いと使い分け ~快復と書いてしまうと誤用になってしまうのか

この記事を書いている今、実は頸椎間板ヘルニアで苦しんでいて、リハビリに

bankokuki
「万端」と「万全」の意味の違いと使い分け、誤用について ~「準備万端」と「準備万全」、正しいのはどっち?

「旅の用意は全部できたよ、さぁ出発しよう!」 このように、あらゆ

tenteki
「お休みさせてください」「お電話します」の「お」は必要かどうか、誤用ではないか、敬語として適切かどうか考えてみよう

欠勤の連絡をするときなど、「お休みさせてください」「お休みさせていただ

→もっと見る

PAGE TOP ↑