*

「押っ取り刀(おっとりがたな)で駆けつける」の誤用と正しい意味と ~おっとりしてません!

公開日: : 最終更新日:2014/10/09 140文字で変わる表現力 , , ,

「押っ取り刀(おっとりがたな)で駆けつける」という表現を「ゆっくり落ち着いて行く」という意味で考えてしまうと誤用。「おっとり」という言葉は「ゆったり」「ゆっくり」「落ち着いている」という意味を持つ副詞ですが、「押っ取り刀」と書くときは違う意味になるので注意が必要です。

誤用されることの多い「押っ取り刀(おっとりがたな)」の正しい意味は

katana

「押っ取り刀(おっとりがたな)で駆けつける」は「急いで駆けつける」という意味。「ぶらぶらと行く」「ゆっくりと向かう」という意味ではありません。

「押っ取り刀で駆けつける」とは「取るものも取りあえず急いで駆けつける」という意味。ゆっくり向かうという意味で使うのは誤り。

「押っ取り刀」の「押っ」の部分は「押し」という接頭辞が変化したもの。「押し」には「無理に~する」「強いて~する」という意味があります。

「嫌なことを他人に押し付ける」や「この意見で押し切った」という表現で用いる「押し」ですね。「おっ」に変化した表現で馴染み深いものといえば「おっぱじめる」「おったまげる」などがあります。「押し」が「おっ」という形に変化すると動詞に勢いがつくのはイメージしやすいのではないでしょうか。「押し」が「おっ」に変化した場合は、動詞を強調して「勢いよく~する」という意味になるということを確認しておいてください。

「押っ取り刀で駆けつける」が「急いで行く」という意味になる理由

「押っ」が「勢いよく」という意味、「取る」が「刀を取る」ことはわかりました。では、勢いよく刀を取ることが急いで行く意味になるのはどうしてなのでしょうか。

時代劇を思い浮かべると、通常、武士たちは刀を左腰にさしています。これは利き腕が右手であるため、左側にさしていたほうが抜き差しを行いやすいという理由によるもの。余談ですが武家に生まれると、左利きであっても必ず右利きに矯正されたそうです。

そして、人の集まる場では敵意がないことを周囲に示さねばなりません。つまり、刀を扱いにくい身体の右側に置くことが作法とされたのです。この状態で有事になると、武士たちは左腰に刀をさし直す時間も勿体なく、右手に持ったまま(取るものを取ったまま差すことなく)急いで立ち上がり場に向かっていきました。本来は腰にさすものを、右手で掴んだままに走り出すから「取るものも取りあえず」。そうして「押っ取り刀」が「急いでいる」「慌てている」様子を表すようになったわけです。

そういえば、武士は身体を横にして眠るとき、利き腕(右手)を枕にしていたそうです。これでは急襲されたとき、右手が痺れて使い物にならない気がするのですが、武士にとって利き腕を斬られるということは当時致命的なことでした。武士として生きていくため、万が一斬られるとしても利き腕ではない方を…という意味で左手を上にして身体を休めたというのは考えさせられる話ですね。


▼関連の深いこちらの記事もどうぞ▼

関連記事

マクドナルドのドライブスルーに求めるもの 〜お客さんは何を期待しているか

商品やサービスに対する期待値を上げることは大切。たとえばお店の外観、メニュー、パッケージ。それらすべ

記事を読む

「粗品」「つまらないものですが」という言葉は使わないほうがいいのか? ~選んで贈る緊張に

贈り物をするときに「粗品(そしな)ではございますが」と言いながら渡すことが多いのではないかと思います

記事を読む

「葬式、結婚式は恙なく(つつがなく)無事に終了しました」と書いてはいけない理由

誤用と呼ばれるような表現であっても、最近はその誤りが一般化してきていることもあって耳に入ってくる音だ

記事を読む

「探す」と「捜す」の意味の違いと使い分けについて ~さがしたいものが見えているかどうか

「探す」と「捜す」という言葉は、どちらも読み方が同じであるため、その意味の違いと使い分けが紛らわしい

記事を読む

「ご多忙のところ」は使わない方が無難 ~多忙と多用の使い分け

多忙[/caption] 「高い席から失礼かと存じますが」「僭越ながら」と言ってはいけない理

記事を読む

「慚愧に堪えない」「慚愧の念に堪えない」は「残念で仕方がない」という意味ではなかった!

「慚愧に堪えない(ざんきにたえない)」「慚愧の念に堪えない(ざんきのねんにたえない)」という言い回し

記事を読む

「仰げば尊し」の「今こそ別れめ、いざさらば」は「別れ目」ではない! 「め」の正しい意味について知っておこう!

仰げば尊し 我が師の恩 教えの庭にも はや幾年(いくとせ) 思えばいと疾(と)し この年月 今

記事を読む

末長く二人の幸せを祈ってはいけない理由 ~長いと永いの違い

結婚式でピアノの演奏を頼まれたことがあります。 ピアノ演奏[/caption] 演奏直

記事を読む

「一段落(いちだんらく)」の誤読に注意 ~「ひとだんらく」と読んでいませんか?

「作業が一段落したら休憩しよう」という風に使われる「一段落」。誤読されることの多い漢字なので、しっか

記事を読む

「ご進言ありがとうございました」と使っていませんか? ~「進言」の誤用と意味に注意

「ご進言(しんげん)ありがとうございました」というフレーズを使ったり聞いたりしたことはないでしょうか

記事を読む

Google


▼よく読まれている記事▼


「老舗(しにせ)」という言葉の意味と由来を紹介します

代々続いているお店のことを「老舗(しにせ)」と言いますが、今回はこの

kaifuku
「回復」と「快復」の意味の違いと使い分け ~快復と書いてしまうと誤用になってしまうのか

この記事を書いている今、実は頸椎間板ヘルニアで苦しんでいて、リハビリに

bankokuki
「万端」と「万全」の意味の違いと使い分け、誤用について ~「準備万端」と「準備万全」、正しいのはどっち?

「旅の用意は全部できたよ、さぁ出発しよう!」 このように、あらゆ

tenteki
「お休みさせてください」「お電話します」の「お」は必要かどうか、誤用ではないか、敬語として適切かどうか考えてみよう

欠勤の連絡をするときなど、「お休みさせてください」「お休みさせていただ

suiren
「往生」という言葉の使い方には注意が必要! ~「往生」と「他界」の意味の違いと誤用、使い分けを知っておこう

以前「ご冥福をお祈りします」という言葉は安易に使ってはいけないという記

→もっと見る

  • 西端 康孝 / コピーライター・歌人・川柳家

    コトバノを運営している神戸のコピーライター西端です。川柳や短歌で日常を綴る短歌と川柳とマカロニとというブログや徒然に毎日を表現する川柳をこよなく愛する明石のタコというブログもやっていますので、良かったら遊びにきてください。書いたり取材したり講演の仕事も承っています。
PAGE TOP ↑