*

「安売りはだめだ」を言い訳にしていて。

昨日の問題には多数のご回答をいただいております。
皆さんの意見、本当に面白いものばかりでしたので、また、メールでまとめて回答編をお送りさせてもらいますね。ありがとうございます。

さて。

「安売りはだめだ、体力勝負になるから」という話をよく聞きます。デフレの仕組みから考えても、物の値段を下げていくことは関わる人たちすべての幸せを削ぎ取っていくことになりかねず、値下げが値下げを生むような悪循環は断ち切るべきだというのは自分にとっても同じこと。

では値下げ競争に巻き込まれないためにどうしたらいいのか、という問いかけをすると、答えは大抵、こんな感じのものになってきます。

  • 付加価値をつけて、お客様にご納得していただける商品とサービスを提供する
  • 差別化に取り組んで、自社の商品をブランド化する

他を蔑むことが差別化なのだとすればでも触れましたが、では、「付加価値」とは「差別化」とはいったい何なのでしょうか? 自分たちがこうありたい、ではなく、お客様の目に見えて、心に届く明確なメリット、差異。教科書的な回答ではなく、あの会社(お店)はこの部分が他のお店とは違うということをお客さんがどういう言葉で語ってくれるのでしょうか?

価値やブランドは、自分たちが決めるのではなく、お客様の心に育つもの

 

会社やお店のどんな想いも、お客さんの口を借りて伝わらなければ、それは経営者のエゴでしかありません。当たり前の話ですが、自分たちの価値は自分たちで決めるのではなく、お客様の心が決めること。差別化やブランドは、お客様の心に育つものなのです。

「安売りは駄目」は、確かに正論。でも、それは正しくは自社や自社に関わる人たちの幸せを削ぎ取ってまで行う戦略のない安売りは駄目なだけで、お客様に喜んでいただきたいという想いを具現化したものの一つが安売りであれば、決してそれは駄目な行為だとは思いません。
むしろ、安売りをしないことがプライドであると信じ込んで、お客様の心に育つ明確なブランドを提供出来ていない会社のほうが罪作りであると言い切ってしまうのは、危険な意見でしょうか。

型番の決まった商品。
僕たちは、買う立場であれば、安い方を選びます。

型番のない商品。
僕たちは、買う立場であれば、売ってくれる人を選びます。

お客さんに喜んでいただくためのことを全力で考え、その背中に人の集まる雰囲気を作っていく、そんな物語の中では、べき論の範疇で限定してしまわないほうが、むしろ、様々な人を幸せにする仕組みを作っていけるのではないか? 僕はそんな風に思えてならないのです。


▼関連の深いこちらの記事もどうぞ▼

関連記事

商売をしている方は要注意!「お求めやすい金額です」という言葉を誤って使っていませんか?

「お求めやすい商品です」「お求めやすい金額になっていますので、この機会にぜひどうぞ」 広告や店

記事を読む

no image

選ばせないという選択肢。

どっちにしようかな、と悩ませるのではなく、どちらもどうぞと「与える」ことを選択肢にしてしまう。もちろ

記事を読む

どうして情熱大陸はひとを惹き付けるのか ~ブログやメルマガで発信するのは情報だけ?

そこに飛び込まずにいて、そこを論じてしまうから「お高くとまっているお前に何がわかるねん」という反論を

記事を読む

95歳と97歳と102歳の場所取り合戦 ~タイトルに数字を入れる効果

本屋さんで、95歳と97歳、そして102歳が戦ってました。ユニークな並びですよね。 【

記事を読む

「弊社」と「当社」の意味の違いと使い分け ~抗議のときは「当社」を使う!

私たちの会社という意味を表す熟語に「弊社」「当社」という言葉があります。今回はこの「弊社」と「当社」

記事を読む

no image

「余計なお世話じゃ!」を意識して作る会話の台本。

「今なら1000円引きでお得ですよー、良かったらいかがですか?」 これってつまり、売り手の論理

記事を読む

no image

【語るよ】神戸で一番”さん”付けで呼ばれるようになった会社の秘密【熱いよ】

まずは告知です。 会社を経営するなかで、実践してきたこと。 お客様の広告のお仕事を手伝うなか

記事を読む

no image

アドレス帳のなかで見つける価値 ― 与えるということ。

誰でも応援したくなるような人には共通して、教科書も計算機もなく、自分の身近な人がこうなってほしいとい

記事を読む

ブランディングとは、トイレの前にお店を作ることだ ~差別化にはギャップを利用する

中小企業家同友会の集まりに参加、ブランディングとは何か、その取り組みについて議論をしてきました。

記事を読む

no image

自分というアクセルにブレーキを見つけられたリーダーにこそ

経営者は「覚悟」という言葉が大好きです。 守らなければいけないものがたくさん。 い

記事を読む

Google


▼よく読まれている記事▼


kokkaigijidou
更迭(こうてつ)、解任、辞任の意味の違いと使い分けについて ~クビにするのはどの言葉?

たとえば大臣が不祥事を起こしたりすると、「首相はA大臣を更迭(こうて

「老舗(しにせ)」という言葉の意味と由来を紹介します

代々続いているお店のことを「老舗(しにせ)」と言いますが、今回はこの

kaifuku
「回復」と「快復」の意味の違いと使い分け ~快復と書いてしまうと誤用になってしまうのか

この記事を書いている今、実は頸椎間板ヘルニアで苦しんでいて、リハビリに

bankokuki
「万端」と「万全」の意味の違いと使い分け、誤用について ~「準備万端」と「準備万全」、正しいのはどっち?

「旅の用意は全部できたよ、さぁ出発しよう!」 このように、あらゆ

tenteki
「お休みさせてください」「お電話します」の「お」は必要かどうか、誤用ではないか、敬語として適切かどうか考えてみよう

欠勤の連絡をするときなど、「お休みさせてください」「お休みさせていただ

→もっと見る

PAGE TOP ↑